★ビジネス文書・文例テンプレート500

★すぐに使える報告書・レポートの書き方

5W2Hを押さえる

「5W1H」という言葉は、これまで何回もお聞きになられたことがあると思います。
報告書をつくる際には、もう1つのHを追加します。

もう1つのHとは、「HOW MUCH(いくら)」です。

ビジネスを展開する場合、創業であっても、新事業展開であっても、
収支面の検討が非常に大切です。

企画にあたっては、HOW MUCH(いくら)を常に意識しておくことが必要なのです。


5W2Hは問題解決に取り組む際の基本的要件です。
企画をする場合には、5W2Hの抜けがないよう、キッチリと確認しておいてください。


WHEN      いつ(日時)
WHERE     どこで(場所)
WHO       誰が(主語)
WHAT  何を(主体)
WHY      なぜ(原因・理由)
HOW      どのように(状況)
HOW MUCH いくら(金額の要素)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。